※ニュースリリース掲載時点の情報となります。今後、変更となる場合もありますのでご了承ください。

メールマガジンのご登録はこちら

2002年 ニュースリリース

2002年9月20日
日本ハム株式会社
広報室

業績予想修正に関するお知らせ

関係各位

この度は、弊社の不祥事により、関係各位に多大なご迷惑をおかけ致しましたことを、心より深くお詫び申し上げます。
標記の件について、平成14年5月21日の決算発表時に公表しました平成15年3月期の中間期及び通期の業績予想を下記のとおり修正いたしましたのでお知らせいたします。

1.連結業績予想数値の修正

(1)連結中間期(平成14年4月1日 ~ 平成14年9月30日)

(米国会計基準による)

売 上 高

税引前利益

中間純利益

前 回 発 表 予 想(A)

495,000

16,500

9,500

今 回 修 正 予 想(B)

473,000

5,500

1,500

増   減   額(B-A)

△22,000

△11,000

△8,000

増   減   率(%)

△4.4%

△66.7

△84.2

(ご参考)
前期実績(平成13年9月期)

488,800

16,037

9,662

(金額の単位:百万円)

(2)連結通期(平成14年4月1日 ~ 平成15年3月31日)

(米国会計基準による)

売 上 高

税引前利益

当期純利益

前 回 発 表 予 想(A)

985,000

33,000

19,000

今 回 修 正 予 想(B)

900,000

3,000

△1,000

増   減   額(B-A)

△85,000

△30,000

△20,000

増   減   率(%)

△8.6%

△90.9

(ご参考)
前期実績(平成14年3月期)

945,099

30,786

17,733

(金額の単位:百万円)

2.単体業績予想数値の修正

(1)単体中間期(平成14年4月1日 ~ 平成14年9月30日)

(米国会計基準による)

売 上 高

税引前利益

中間純利益

前 回 発 表 予 想(A)

325,000

8,000

4,500

今 回 修 正 予 想(B)

302,000

5,000

200

増   減   額(B-A)

△23,000

△3,000

△4,300

増   減   率(%)

△7.1%

△37.5

△95.6

(ご参考)
前期実績(平成13年9月期)

340,636

10,174

4,793

(金額の単位:百万円)

(2)単体通期(平成14年4月1日 ~ 平成15年3月31日)

(米国会計基準による)

売 上 高

税引前利益

当期純利益

前 回 発 表 予 想(A)

653,000

17,500

8,000

今 回 修 正 予 想(B)

563,000

2,500

△1,500

増   減   額(B-A)

△90,000

△15,000

△9,500

増   減   率(%)

△13.8%

△85.7

(ご参考)
前期実績(平成14年3月期)

644,833

17,054

5,219

(金額の単位:百万円)

3.修正の理由

今回の不祥事により、中間期については、連結・単体とも売上高は、取引先様からの商品撤去及び取引停止並びに牛肉関係営業自粛の影響を受け減少しております。
また、利益では、商品撤去に伴う商品等の廃棄損、市場隔離肉について補助金によらない処分による損失などにより税引前利益(経常利益)、中間純利益ともに前回の予想を大幅に下回る見込であります。
通期については、9月2日に農林水産省の牛肉関係営業自粛要請の撤回をきっかけに、取引先様との取引も順次再開されておりますが、売上げの回復は厳しいものと予想しております。利益についても税引前利益(経常利益)、当期純利益ともに大幅に減少する見込みであります。
なお、今回の見込は、8月~9月の足元の状況を基に予測を行っておりますので、今後状況の変化により適宜報告させていただきます。

また、当期の配当につきましては、安定配当を実施するという基本方針に基づき、当初予定どおり1株につき普通配当16円を予定しております。

以上

企業情報

  • 企業情報

関連ページ

  • IRニュース
  • CSRレポート
  • お客様相談窓口