おいしく楽しくお肉を食べよう!
  • 特選お肉レシピ
  • なるほどコラム
  • お肉料理のノウハウ
  • もっと知りたい!お肉のこと
  • 心をこめて食卓へニッポンハムグループ

豚肉の部位それぞれのおいしさを知ろう

赤身と脂身のバランスがおいしさのカギを握る豚肉。ロース肉やバラ肉などの特徴を紹介します。

肩、ロース、ヒレで豚肉のおいしさを堪能

肩はとてもよく動かす部分なので、筋肉質でありながらほどよく脂肪が入り、旨みがしっかりとある部位です。豚汁やシチューなど、煮込み料理に適しています、肩ロースはコクがあって濃厚な味なので、カレーや焼き肉、しょうが焼きなど幅広く活用できます。調理前には、加熱による縮みを防ぐための筋切りを忘れないようにしましょう。ロースは背中の中央部分の部位。きめが細かくてやわらかい肉質が特徴で、ふちの脂身の部分にも旨みが凝縮しています。ヒレは豚一頭から2%ほどしかとれないため、希少部位と言われています。脂肪分が少ないのにやわらかく、ポークソテーやとんかつなど、油を使う料理に向いています。首の部分のトントロは、焼き肉屋さんや焼き鳥屋さんで目にすることがあるでしょう。脂ののりがよくてほどよい歯ごたえがある、ジューシーなお肉です。
肩、肩ロースは、赤身と脂身のおいしさを味わえる部位で、料理のバリエーションも豊富です。ぜひ堪能してみてください。

濃厚な脂身を楽しむなら、バラやスペアリブ

バラ肉は胴のお腹の部分のお肉で、脂肪と赤身が三層に折り重なっているため、「三枚肉」とも呼ばれています。ベーコンになるのは、このバラ肉です。ほかの部位よりも脂身の割合が多いため、角煮のように長時間煮込んでもジューシーさが残ります。韓国料理で、たくさんの野菜とともに食べる「サムギョプサル」も、バラ肉を使います。
また、骨つきのバラ肉を「スペアリブ」と言います。肋骨とそのまわりの赤身肉のことで、適度な脂肪があり、焼き肉やバーベキューなどで重宝されます。最近、売り場でよく見かけるようになってきた「バックリブ」は、背中側の骨付き肉のことです。スペアリブよりも脂身が少なめのお肉です。

バックリブのレシピはコチラ

豚肉の部位についてはコチラ

豆知識なぜ、日本ではバックリブが少ないのか?

「バックリブ」はアメリカならではの骨付き肉で、今日本で売られているものはほとんど輸入されたものです。日本ではアメリカに比べて骨付き肉の需要が少なく、骨を取ったお肉の流通が主です。ですので、「バックリブ」という骨付き肉は、日本ではあまり流通しません。それが、昨今のバーベキュー人気もあいまって、アメリカで人気のバックリブが日本でも食されるようになり、お店で売られるようになったのです。

豚ヒレ肉ステーキのレモンソース

豚ヒレ肉ステーキのレモンソース

さわやかなレモンの酸味と香りに、バターでコクをつけた豚ヒレ肉。食欲のないときにも食べられる夏向きのメニューです。

前のページへ戻る