食物アレルギーとは

アレルギーとは

食物アレルギーはアレルギーの一種ですが、そもそもアレルギーとはどのようなものなのでしょうか。

私たちの体には、細菌やウイルスなどの病原体が入ってきたとき、それらを除いて体を守る「免疫」という働きがあります。ところが、この免疫が食べ物や花粉などに過剰に反応してしまうことがあります。これを「アレルギー反応」と呼んでいます。

食物アレルギーとは

食物アレルギーは、食物を摂取した時に免疫機序(アレルギー)を介して不利益な症状がでる場合と定義されています。アレルギー体質の人では特定のタンパク質にIgE抗体をつくりやすい免疫傾向があり、摂取した食物とこれらのIgE抗体を介して症状が起こるとされています。多くは食物を摂取してすぐから2時間程度でみられる即時型反応を示しますが、やや遅れて症状がでたりすることもあります。

※食物中の毒性物質で起こる症状は、食中毒として区別します。また、食物に含まれる特定の成分やヒスタミンなどの化学物質を消化管で処理できない体質の場合は、食物不耐症(ふたいしょう)といいます。

「国立病院機構福岡病院 柴田瑠美子先生 解説」

食物アレルギーの機序

食物アレルギー症状

「国立病院機構福岡病院 柴田瑠美子先生 解説」

食物アレルギーの症状

アレルギー症状では、最も多いのが皮膚症状(じんましん、痒い、皮膚が赤くなる、顔が腫れるなど)です。呼吸器症状(咳、ゼイゼイする、呼吸困難)、粘膜症状(口が腫れる、目が赤くなる腫れるなど)、消化器症状(腹痛、吐く、むかむかする、下痢)などの症状も同時または別々に出現します。重症では血圧が下がって意識がなくなる、ぐったりなるアナフィラキシーショックを呈することもあります。

「国立病院機構福岡病院 柴田瑠美子先生 解説」

即時型食物アレルギーの症状

症状の頻度では皮膚症状が最も多く(約90%)、ショックが約10%にみられます。息苦しいなどの呼吸器症状、全身症状になるほど重症であると判断されます。

(平成14・17年度 厚生労働科学研究報告より)

食物アレルギーねっと
日本ハム(株)中央研究所が提供する食物アレルギー情報サイトです。食品メーカーの視点から、食物アレルギー物質表示や症状・原因の解説、アレルゲン除去食品、季節の安心レシピ(除去食レシピ)の紹介等の情報を発信しています。

ピックアップ