用語集

開示情報にある主な用語についての説明を掲載しています。

共通用語集

飼料添加物 動物の発育、飼料の摂取効率の改善のために法律で使用が認められた抗生物質や合成抗菌剤です。
ワクチン 感染症に対する免疫を与えるために投与する動物用医薬品です。

ページトップへ戻る

国産牛肉関連用語集

個体識別番号 「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」第3条に基づき、牛1頭毎の個体識別情報及びその所在等に関する情報を一元的に管理するため、わが国で飼養されている牛1頭ごとに付与された10桁の番号です。
品種 和牛 日本従来種の牛に外来種の牛を交配させて品種改良した肉牛で、黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種があります。
交雑種 肉用種と乳用種を交配させて生まれ、肥育したものです。
乳用種 ホルスタイン種を代表とする搾乳用の牛です。
肉専用種 肉利用を目的として改良維持されてきた牛です。
子牛で輸入され国内で飼育された外国肉専用種などを含みます。

ページトップへ戻る

国産豚肉関連用語集

品種 ランドレース種 デンマークの在来種に大ヨークシャー種を交配した豚で、赤身率が高く子供を産む能力に優れています。
大ヨークシャー種 イギリスのヨークシャー地方原産の豚で、繁殖能力が旺盛で育てやすいのが特長です。
デュロック種 アメリカ東部地方原産の豚です。赤色の毛で覆われており、耳が折れているのが特徴です。
バークシャー種 黒豚として知られています。鼻、四肢、尾の毛が白いのが特徴です。
交雑種 異なる品種間での交配(交雑)により生まれた豚です。交雑により生まれる子豚の数の増加、強健性の向上、発育速度の上昇などの「雑種強勢効果」が得られます。
豚丹毒 発熱、皮膚病変、関節炎を起こす細菌感染症です。と畜場出荷時の検査で発見された場合はと畜禁止・全頭廃棄処分となります。
日本脳炎 豚においては繁殖障害が問題となる疾病であり、他の症状は見られません。
オーエスキー病 妊娠豚の死流産、種雄豚の造精障害、哺乳豚の神経症状・衰弱を引き起こすウイルス感染症です。
豚萎縮性鼻炎 豚に鼻炎を起こし、重度の場合は花の短縮・湾曲といった変形をもたらす細菌感染症です。
PRRS(豚繁殖・呼吸障害症候群) 妊娠豚の死流産・虚弱子分娩、子豚の肺炎・衰弱を引き起こすウイルス感染症です。
豚コレラ 強い伝染力と高い致死率を特徴とする熱性、敗血症状性のウイルス感染症です。
豚胸膜肺炎 アクチノバチルス菌によって発生する呼吸器疾病です。肺炎、胸膜炎を引き起こし高い致死率をもたらします。
マイコプラズマ肺炎 マイコプラズマという微生物によって発生する呼吸器疾病で、慢性的な肺炎を引き起こし豚の成長を阻害します。

ページトップへ戻る

国産鶏肉関連用語集

品種 ホワイトコーニッシュ種 増体性の優れた鶏種で一般ブロイラーの種鶏の雄系として広く用いられています。
ホワイトロック種 増体性の優れた鶏種で一般ブロイラーの種鶏の雌系として広く用いられています。
ロードアイランドレッド種 アメリカのロードアイランド州原産の鶏で、抗病性に優れた体質強健な鶏です。
ロードサセックス種 ライトサセックス(卵肉兼用種)の雄とロードアイランドレッド(卵肉兼用種)の雌を交配した鶏種です。ライトサセックスは英国サセックス州の品種で、交配種としても価値の高い品種です。
マレック病 ウイルス性の感染症で、脚弱、翼麻痺、斜頚などを引き起こし、内臓の腫瘍により死に至る病気です。
ニューカッスル病 ウイルス性の感染症で、緑色下痢便、奇声や開口呼吸などの呼吸器症状、 脚麻痺や頚部捻転などの神経症状を示します。
伝染性気管支炎 ウイルス性の感染症で、呼吸器症状や産卵低下などの産卵障害、さらに腎炎を起こします。6週齢以下で感染すると死亡率が高まります。
ガンボロ病 ウイルス性の感染症で、元気消失、羽毛逆立ち、下痢を示し、 3日目から5日目にかけて症状は最も強く昏睡し死亡することもあります。2週齢以下のひなが感染した場合、免疫機能の低下により他病を増悪する場合があります。

ページトップへ戻る

ピックアップ