NHフーズ・チリ

NHフーズ・チリ

1988年に南米チリに設立したNHフーズ・チリは、水産品の生産・処理・加工、豚肉の調達・販売等を行っています。
同社の事業エリアは東にアンデス山脈、西に太平洋があり自然豊かな環境のもと、この土地ならではの美味しさを日本や世界各地に届けています。

豚肉事業

飼育から処理の行程を徹底管理し安全・安心を追求しています。

処理・加工工場の監査は、NHフーズ・チリの検査員が毎日実施し、お得意先のご要望に適宜対応しています。

工場はHACCP認証を取得し、安全衛生管理を徹底しています。

日本へ輸出した豚肉は、主に外食店や惣菜・加工商品等の原料として利用されています。

水産事業

チリの地形は南北4,329kmに及び太平洋に面しています。この水産資源に恵まれた場所でウニを中心とする水産品の生産・処理・加工を行い、日本や世界各地にお届けしています。

ウニはNHフーズ・チリへ専属的に供給する経験豊富なダイバーが丁寧に手で収穫します。漁港に水揚げされたウニは鮮度を維持したまま工場に搬入します。ウニは自社工場で味・色・匂いなどの品質管理、異物除去を徹底し、一つひとつ手作業で加工しています。

NHフーズ・チリは、ウニのほかチリの漁場各地から水揚げされたイカや海藻等を取り扱っています。

NHフーズ・チリの事業拠点

NHフーズ・チリは、チリの首都サンティアゴにある本社で豚肉・水産品の調達・販売を行い、プエル・トモント、プンタ・アレーナス、バルパライソにある3工場で水産品の生産・処理・加工を実施しています。