おいしく楽しくお肉を食べよう!
  • 特選お肉レシピ
  • なるほどコラム
  • お肉料理のノウハウ
  • もっと知りたい!お肉のこと
  • 心をこめて食卓へニッポンハムグループ

豚モモ肉のおいしさを知ろう

豚肉の部位の中では、比較的あっさりした味わいのモモ肉。どんな料理にもオールマイティに使える、便利な部位です。

脂肪が少なく淡泊なモモ肉

一口に「モモ肉」と言っても、厳密には「うちモモ」「しんたま」「外モモ」に分けられます。うちモモは、きめが細かくて脂肪が少ない部位です。しんたまもモモの一部ですが、うちモモよりは脂身があります。外モモはお尻に近い部分で、うちモモより歯ごたえがあります。
モモ肉は味が淡泊なので調味しやすいのが利点です。ブロックやうす切り、ひき肉とさまざまな形で使われ、煮込みから炒め物、焼き物まで幅広く親しまれています。

豆知識豚足について

豚足は沖縄料理として食されることが多い部位ですが、最近ではいろいろな地域で食べられるようになっています。主にコラーゲン部分を食べる豚足は、煮たり、ゆでたりして食べるのはもちろん、スープなどの出汁にも使われています。

ボンレスハムは豚のモモ肉で作られる

日本では、ハムというとロース肉を使った「ロースハム」の方が親しまれているようですが、ハムの本場・欧米では、ハムといえばモモ肉で作ったものを指します。ハムは、養豚が盛んだった地域で厳しい冬を乗り切るために編み出された、代表的な保存方法だったのです。このように、伝統的に作られていた“ハム”は、豚のモモ肉を使った“骨付きハム”のことを指していました。だから、「ボンレスハム」の「ボンレス」とは、「ボーンレス(boneless=骨がない)」、骨を抜いたハムという意味なのです。
ちなみに「ロースハム」は、大正時代にドイツ人マイスターが製法を生み出し、その後日本各地に広まったとされていて、日本独自のハムといえます。欧米では、「ロースハム」に該当する呼び名はないようです。

豚肉の部位についてはコチラ

ローストポークとアボカドのオープンサンド

ローストポークとアボカドのオープンサンド

ハーブが香るローストポークと野菜がマッチ。さわやかな味わいのオープンサンドです。

前のページへ戻る