おいしく楽しくお肉を食べよう!
  • 特選お肉レシピ
  • なるほどコラム
  • お肉料理のノウハウ
  • もっと知りたい!お肉のこと
  • 心をこめて食卓へニッポンハムグループ

むね肉やもも肉を知りつくす

から揚げやソテーなど、オールマイティーに使われるむね肉、ささ身、もも肉についてご紹介します。

味があっさりしている分、油との相性のいいむね肉・ささ身

むね肉は脂が少ない部位で、高タンパク低カロリーなのが特徴です。ささ身はむね肉の一部で、肋骨に沿っている部分。形が笹の葉に似ていることから「ささ身」と呼ばれています。
むね肉やささ身のようにあっさりしているお肉は、それを活かしてサラダやあえものなどに使われますが、その一方で、油との相性がとてもよいのです。ささ身と青しそや梅を巻いて揚げるフライなどは、さっぱりしつつも食べ応えのあるメニューとして人気です。相性のいい食材としては、チーズが挙げられます。一緒に調理すると、チーズのコクがお肉に加わり、よりおいしく感じます。
むね肉やささ身についてよくある悩みは、加熱によってパサパサになってしまうこと。下ごしらえの段階で水分をもみこんでおき、加熱によって奪われる水分を予め補っておくとよいでしょう。ヨーグルトやお酢とからめるとお肉をやわらかくすることもあり、ジューシーな仕上がりが期待できます。

鶏のコクと旨みを堪能するならもも肉

もも肉は、鶏の足の付け根で、よく動かす筋肉の部分です。鶏肉の他の部位に比べて脂肪が多く、コクと旨みが存分に味わえる部位です。皮に脂肪が多く含まれるので、カロリーが気になる場合は皮をとりのぞいて調理することをおすすめします。
料理としては、照り焼きやから揚げ、ローストチキンなどに向いています。から揚げは「もも肉派」と「むね肉派」に分かれるようですが、どちらかというと「もも肉派」がやや優勢のようす。カラッとジューシーなから揚げには、やはりもも肉が選ばれるようです。
もも肉の鮮度を確かめるには、皮を見るとよいでしょう。皮の表面の毛穴が盛り上がっているものは新鮮な証拠です。

から揚げのレシピはコチラ

豆知識焼き鳥の「ねぎま」は「ねぎの間」ではない!?

焼き鳥で人気の「ねぎま」。ねぎとねぎの間に鶏肉がはさまっているので、「ねぎの間に肉がある」という意味で「ねぎま(間)」といわれていると思っていませんか?実は違います。
「ねぎま」とは、もともと「ねぎとマグロを交互に串にさしたもの」のことで、主に鍋料理などに入れられていたそうです。その後、マグロが鶏肉にかわったのですが、見た目がマグロに似ていたことから、そのまま「ねぎま」と呼ばれるようになったようです。

鶏肉の部位についてはコチラ

鶏むね肉の油淋鶏

鶏むね肉の油淋鶏

衣を厚めにつけて、お肉のジューシーさを閉じ込めた油淋鶏。残暑の疲れを吹き飛ばす、酸味のきいたピリ辛のたれがポイントです。

前のページへ戻る

ピックアップ