ライフサイクルアセスメントへの取り組み

ライフサイクルアセスメントとは製品やサービスに対する、環境影響評価の手法のことです。「環境アセスメント」では、主に大規模開発等による環境への影響を予め評価することを目的としていますが、「ライフサイクルアセスメント」では、主に個別の商品の製造、輸送、販売、使用、廃棄、再利用までの各段階における環境負荷を明らかにし、その改善策をステークホルダーと共に議論し検討します。 私たち日本ハムでは、カーボンフットプリントやエコリーフなどの活動を通し、環境への配慮を評価・改善しています。

カーボンフットプリントの取り組み

商品がお客様の手にわたり、消費されるまでには、原料(お肉、小麦等)の調達・生産・加工に始まり、商品パッケージの廃棄・リサイクルまでに大きく分けて5つの段階があります(下図参照)。これらの5段階でどれだけの環境負荷が発生しているのかを計算し、評価する「ライフサイクルアセスメント」の手法を利用した「カーボンフットプリント(炭素の足跡)」に取り組んでいます。

■日本ハム(株)は、カーボンフットプリントマークを表示した商品を販売しています。

日本ハム(株)は、「森の薫り」シリーズのソーセージ、ハム、ベーコンにおいて、カーボンフットプリント・マークを表示し、販売しています。

商品のライフサイクルイメージ

「森の薫り あらびきウインナー」の場合

  1. 材料をつくる
    原料・包装資材などの生産・輸送時などに発生する環境負荷
    230g
  2. 商品をつくる
    商品の生産や廃棄物の処理などに伴い発生する環境負荷
    69g
  3. 商品をはこぶ
    商品の輸送
    20g
  4. 商品をつかう
    商品の調理・保管時などに発生する環境負荷
    37g
  5. 包材をすてる
    パッケージ等を廃棄物として輸送・処分するときなどに発生する環境負荷
    15g
カーボンフットプリント・マーク
「森の薫り あらびきウインナー」の一生から排出するCO2の量は1パック(85g)で370gです。

■カーボンフットプリントマークを表示した商品

商品名(内容量、CFP登録番号) 商品写真 CO2排出量
森の薫り® あらびきウインナー(85g)
(CR-AI05-17001)
370g
森の薫り® ロース(58g)
(CR-AI05-17002)
240g
森の薫り® ハーフベーコン(48g)
(CR-AI05-17003)
210g

※上記の商品は、ハム・ソーセージ類のPCRに基づき算定を実施し、CFP検証パネルでの検証後、カーボンフットプリントマークの使用許諾を得たものです。

■「森の薫り」の商品ラインナップやレシピの紹介はこちらをご覧ください。

■「ニッポンハムグループ CSRレポート」は、カーボンフットプリントの算定をしています。

製品名(CFP登録番号) 製品写真 CO2排出量
ニッポンハムグループ CSRレポート2016
(CR-BS05-16006)
460g

エコリーフの取り組み

「ワイアラ牧場エコビーフ(※)」は、2008年1月に食品で初めて、環境ラベル「エコリーフ」を取得しました。
「エコリーフ」は、牛が生まれてから、日本のお店に牛肉となって届くまでの過程(ライフサイクル)で、環境に与える影響を定量的に計測し、公開するものです。
「エコリーフ」では、ライフサイクルアセスメント手法(製品の一生の環境に与える影響を評価する手法)を使用し、環境に与える影響の定量化を行っています。
「ワイアラ牧場エコビーフ」は、オーストラリアの環境に配慮したワイアラ牧場で育てた牛肉のブランド商品(大麦牛、ワイアラビーフ、CBP、ツウンバビーフ)の総称です。

※一般社団法人産業環境管理協会(JEMAI)が推進するタイプIII環境ラベル「エコリーフ環境ラベル」の認定を受けた牛肉

ワイアラビーフ ワイアラ牧場 「CP-07-001」はワイアラ牧場エコビーフの製品登録番号です。

「ワイアラ牧場エコビーフ」は、このマークが目印です。

ワイアラ牧場エコビーフの製品環境情報の詳細は、下記のPDFファイルをご覧ください。
またこの情報は一般社団法人産業環境管理協会(JEMAI)のホームページでも公開しています。

Adobe Reader
PDFをご覧になるためにはAdobe Readerが必要です。

ピックアップ