食べること考えよう!

ニッポンハムグループでは、スポーツ栄養学、食品科学などの研究成果や専門性を活かして、子供たちが食と食の科学に興味や関心を持つきっかけづくりができるように、体験型のセミナーやイベント実施などにも、積極的に取り組んでいます。
たとえば、身近な食品を題材に、その成り立ちや性質を学ぶ「食育プログラム」では、実験・観察を通して、食の不思議を楽しむことができます。

畜産体験ツアー

日本ホワイトファーム(株)の札幌食品工場に小学生を招いて、私たちが普段食べている鶏肉をテーマに食育体験学習を実施しました。当日は農場や食品工場におけるマナーの学習や工場内の見学などを実施。おいしくて安全な鶏肉が食卓に届くまでを学んでいただくとともに、人間の食を支えてくれる鶏の生命(いのち)の大切さをお伝えしました。
※2012年6月北海道石狩振興局、生活協同組合コープさっぽろDoさんぽとの共催により実施。

体験型食育セミナー

子どもたちを対象に、食品の科学に着目したセミナー「たんぱく質を科学しよう!牛乳編」を実施しました。セミナーは、子どもたちにわかりやすく、楽しく参加してもらえるように、身近な食品パッケージやスライドを用いて、クイズや実験を交えた内容としました。このセミナーがきっかけとなり「食べ物」や「食べること」に興味や好奇心を持っていただけることを願っています。

ピックアップ