活動レポート

2018年5月9日

スポーツ

ユニセフカップ2018 芦屋さくらファンラン

日本ハム株式会社が特別協賛している「ユニセフカップ芦屋さくらファンラン」(主催/サンケイスポーツ、産経新聞社)が2018年4月8日(日)に開催され、7,109人のランナーが出走しました。

2018年4月13日

食育

出前授業「ウインナーの手作り体験」の実施(2017年度)

日本ハム(株)では「食べること、楽しもう!」をスローガンに出前授業「ウインナーの手づくり体験」を2006年より実施しています。
この授業は、座学と体験の2部構成で実施し、「おいしく食べる」、「正しく食べる」、「食べものを大切にする」をお伝えしています。そして、子どもたちに食べることの楽しさや食べものを大切にする気持ちを養っていただけるよう目指しています。

2018年3月27日

社会

職場訪問の受け入れ(3月度)

2018年3月、日本ハム(株)東京支社において、職場訪問の受け入れを実施しました。生徒の皆様より事前にいただいた質問をもとに意見交換や質疑応答を行いました。

2018年3月5日

環境

「第7回 サンゴ礁再生プログラム」活動報告

2018年2月25日、沖縄県読谷村にある日本最大級のサンゴの養殖場「さんご畑」において、「第7回ニッポンハムグループ サンゴ礁再生プログラム」を行いました。この活動は、沖縄県のサンゴ礁の保全・再生を通して、持続可能な自然環境や水産資源を守ることを目的として進めており、沖縄県サンゴ礁保全推進協議会が主催する「サンゴ礁ウイーク2018」のプログラムにも選定されています。

2018年2月19日

スポーツ

ユニセフカップ2018 神戸バレンタイン・ラブラン

日本ハム株式会社が特別協賛している「ユニセフカップ神戸バレンタイン・ラブラン」(主催/サンケイスポーツ、産経新聞社)が2018年2月11日(日)に開催されました。このマラソンはバレンタインデーにちなむ日本初のランニング大会として地元の方々を中心に親しまれている大会です。本大会は「戦争、災害、貧困に苦しむ子どもたちに愛の手を!」をテーマに開催され、全8種目で8,321人が出走しました。

環境に関する活動レポート

みんなの森林(もり)活動レポート

全国3カ所の国有林を「みんなの森林」と名付けて森林保全に取り組んでいます。

サンゴ礁保全活動レポート

沖縄県において海の生態系に重要な役割を持つサンゴ礁再生に取り組んでいます。

環境活動レポート

事業活動における環境負荷の低減に向けてさまざまな活動に取り組んでいます。

食育に関する活動レポート

自分で作ろう!

「ウインナー手作り体験」、「料理教室」など、作る楽しさ、食べる楽しさを体感できる食育活動を推進しています。

食べること考えよう!

「食」を支える生命(いのち)の大切さ、健康な体づくりの「食」などをテーマに、各地でセミナー・イベントを実施しています。

キッザニア

「キッザニア東京・甲子園」にパビリオン「ソーセージ工房」を出展し、本格的なソーセージ作りを体験いただいています。

スポーツに関する活動レポート

関東学童軟式野球大会

2000年から「日本ハム旗 関東学童軟式野球秋季大会」を開催し、青少年の健全育成とスポーツの底辺拡大を支援しています。

ユニセフカップマラソン

地域のマラソン大会を通してユニセフの活動を支援しています。

社会に関する活動レポート

地域活動

地域と共に持続的に発展できるよう、コミュニケーションを積極にとり、地域活動を推進しています。

工場見学・職場訪問

工場見学や職場訪問を通して、食の知識や働くこと意義などを様々な世代の皆様へお伝えしています。

ピックアップ