廃棄物削減・リサイクルの取り組み

ニッポンハムグループの事業は、「生命の恵み」をいただいて活動しています。限りある資源を無駄なく有効に活用していくことで、廃棄物を適正に管理し、発生量の抑制に努めています。

廃棄物の発生量推移と割合

2016年度は、生産量の増加に伴い廃棄物発生量も前年度より増加しました。しかし、廃棄物の抑制に努めた結果、基本単位は0.3%削減されました。

2016年度結果

  • 廃棄物発生量 416千t
  • リサイクル量 399千t
  • リサイクル率 96.0%
  • 廃棄物発生量とリサイクル率の推移 ニッポンハムグループ(国内)
  • 【参考】廃棄物発生量の割合 ニッポンハムグループ(国内)

対象[ニッポンハムグループ全体(国内)]

リサイクルの取り組み

ニッポンハムグループは、生産飼育の施設・牧場から発生する廃棄物の発生抑制に取り組んでいます。一例として、養鶏施設から発生する鶏ふんは、ボイラーで燃焼して発電に活用するほか、養豚施設から発生する排せつ物は、有機質の肥料などに加工後、地域の畑などで、野菜の生産や花に活用しています。このように社会の皆様と協働し、地域と密着しながら循環型社会の構築と地球環境の保全に努めています。

生産飼育施設における廃棄物削減の取り組み

インターファーム(株)において、飼育している家畜の排せつ物は発酵させ、自社内の肥料工場において、有機質の肥料へとリサイクルしています。その肥料は野菜や穀物、植物への利用、家畜の飼料作物等に活用されています。

詳しくはこちら

外部と協働した環境汚染・廃棄物削減の取り組み

日本ホワイトファーム(株)は、宮崎県内の農業組合法人、農業協同組合、同事業の他企業様等と共同出資し、みやざきバイオマスリサイクル株式会社を2003年5月に設立しました。
同社は、周辺環境に配慮した密閉型として臭気対策を行い、養鶏農家や企業から発生する鶏ふんを燃料としてボイラーで直接燃焼させて蒸気タービンを回すバイオマス発電として活用しています。なおその燃焼した後の焼却灰は、地域の畑などで肥料として活用され、土壌の改良にお役立て頂いています。

ピックアップ